1カ月
2012 / 07 / 22 ( Sun )
ぼくのこと、呼んだ?でん六が虹の橋へ旅立ってから一か月がすぎ。
月日が流れるのは本当に早い。

今さらでん六がどうして両足が動かなくなってしまったのか、調べたりして。
でも、小鳥専門の病院の先生でも分からないのだから、私にも分からない。
・・・原因なんてどうでもいいのにね。

来月頭に山の峠を78㌔走るレースがある。
どんどん元気のなくなって行く力丸をお家で1泊お留守番させるのはすごく心配だけど、
でん六が動かない足を引きずって、何度も何度も懸命に生きようとした姿を見てたから、
どうして自由に動く足を持ってる私が、goal出来ない事があるだろか。
最期も動かない足のままだったでん六の分も、私は走るよ。
苦しくなったら、でん六の事を思い出すね。

ぶるぶる、武者震い~でん六は女の子と暮らす経験なかったね。
今は虹の橋できれいというかわいい子と一緒だからドキドキかな。
絶対好きになったでしょ?
でん六はプレゼント攻撃が得意だから、積極的にアプローチしてるのかな。

でん六

今度生まれ変わる時が来たら
絶対また私の所に舞い降りて欲しい。
また、一緒に暮らしたい。
その日まで
虹の橋でみんなと仲良くね。
スポンサーサイト
16 : 28 : 04 | でん六 | コメント(8) | page top↑
でん六空へ
2012 / 06 / 22 ( Fri )
19日に帰宅すると、6回目の両足マヒを起こしてたでん六。
過去の何回も、1~2日で足が立つようになって、そうするとご飯を食べるようになってた。
だから、今回もそうだと思っていた。
20日もまだ腹ばい状態だった。しかも嘔吐してしまった。
フォーミュラとか栄養剤とか、無理やり口に流し込んだ。なかなか受け付けない。
でも大丈夫。いつものように明日あたりきっと。
21日の朝、呼吸がちょっと荒かった。そろそろ足に力が入ってくる頃なのに・・。
とにかくいつもはジタバタと動き回ってるにの、全く動かない。不安がよぎる。

がんばったね、でん朝、出勤までに何度も嫌がって威嚇するでん六を手の中に納め、とにかく栄養になるものをスポイトで口に垂らした。でも、入っても数滴が精いっぱいだった。
威嚇する声は消え入りそうに弱い。
とにかくもう行かなくちゃ。お昼に外出取って、また何か口に入れてあげよう。1滴でもいい。
その頃にはきっと足に力が戻っているに違いない。
がんばって、でん六。

お昼すぎに銀行に行くとうそをついて外出を取って家に着く。
プラケースの、力丸寄りの手前の隅にずっと動かないでいたでん六がいない。
ちょっと後ろに移動して、向こうに頭を向けてこちらに尾羽を向けている。

すぐ、でん六は死んでしまっているって分かった。
だって、頭がぐったりと垂れていたから。

大好きだよ、でん手に取ったでん六は、温かかった。だから一瞬死んでるのが嘘かと思った。
でも、目はつぶられていて、それは嘘でなかった。
ちょっと前までは確実に生きていた温かみだった。

お腹が空っぽのまま、逝かせてしまった。

ごめんとしか叫べなかった。
だって、それしか思い浮かばなかったから。
だって、またいつのもように、すぐに立ってもりもりご飯食べて、おしゃべりするものだと思ってたから。






きれいがお空へ行ってしまって、力丸が長い時間一人でお留守番してるのが辛いだろうという事で
でん六はお家へやってきた。
私になつかず、手を怖がって、近づくと逃げる事が多かった。
だから、どうしても甘えてくる力丸と同じようにしてあげられなかった。
私は同じ愛情をでん六に注いであげられたのだろうか。
かきかきの回数も、褒めてあげる回数も、力丸より圧倒的に少なかった。

ありがとう、でんただもくもくと、止まり木の先に愛をささやいてるでん六。
その横でカキカキされてる力丸。

でん六はそれでも幸せだったのだろうか。

私は何もしてあげられなかったって強く感じてる。

でも、でん六からすれば、力丸兄ちゃんの隣でお話したり、大好きな止まり木に愛をささやいたり。
私にどうこう可愛がられるより、そういう事が楽しかったのかもしれない。
そういう日常が、満足だったかもしれない。

本当はどうだったのかな、でん六。


ただ絶対に、最後は力丸が隣にいてくれたから、さびしくなかったよね。


ちいさかった君去年の東日本大震災の後の1回目の両足マヒから6回もの麻痺を繰り返した。
奇跡的な復活も含めて、君はすべて乗り越えて。
すごいね、強いよ。
最後も、私は乗り越えたと思ってる。
乗り越えて、それで全てを終わりにしたように。

また君からも、いろんな事を私は教わった。宝にする。
5年と6カ月、私のもとにいてくれて、本当にありがとう。


22 : 43 : 31 | でん六 | コメント(10) | page top↑
でんちゃん
2012 / 06 / 21 ( Thu )
今日、でん六が、お空へ行ってしまいました。

何もできませんでした。
なんにもしてあげられませんでした。

ありがとう でん六

何度も乗り越えた強い子でした。
21 : 14 : 28 | でん六 | page top↑
でん六のマヒ
2012 / 02 / 15 ( Wed )
今日、帰宅していつものように電気をつけてインコズの姿を確認しようとしたら・・・
でん六が止まり木にいませんでした。
嫌な予感が・・・的中しました。
下にうずくまってました。

3回目の両足マヒです。(前回は去年の6月)

気が動転して、とりあえずプラケースに移して、脚を確認したけど、残念ながら両足に力が全く入ってません。
そうこうしてる内に、大量に嘔吐してしまいました。
頭に「ご飯を食べてくれない可能性が」とよぎり、すぐに掛かり付けの病院へ。
幸い院長先生がいる日でした。

吐き気止めと抗生剤と整腸剤を混ぜた注射をしました。
その後急に呼吸が荒くなって、すごくビビりました。怖かった。
吐き気止めの飲み薬をもらって帰宅。

足のマヒにはなにも出来ませんが(2回目の時、他県の小鳥専門病院でもそう言われました)、ご飯を食べないと死んでしまいます。
吐き気が止まって、ご飯を食べてくれれば、いい。それしかできません。

動かないの・・どうして?転がっちゃう・・・1回目のマヒの時は一晩中明かりをつけてて、爪を根こそぎ齧って致死量にいたりそうなくらいの出血をしてしまったので、たしか2回目は力丸の隣でそのまま布をかぶせた記憶が。
今日もいつものように暗くしてますが、今もバタバタともがいてます、ずっと・・・
一晩中やってるのかな・・・・足齧らなければそれでもいいか・・・。
いや、かえって疲れたら粟穂かじってくれるかな・・・。

でん六のマヒは、徐々に動かなくなるのではなく、急に動かなくなります。
今朝も元気に動き回ってましたが、うんPを見ると多分午後にマヒしてきたのかと思います。

いつものように、数日で力が戻ってくれるといいな。
それを祈るしかないよ。神様はいるよね、きっと。


追記
関東地方曇り続き。朝も薄暗い。でん六の写真UPしました。
こういう様子でいます。
今日はお昼に外出させてもらって、薬と栄養剤を1滴。
改善、みられません。うんPは嫌な色ですが、5個くらい。食べてなくてもうんPはでるのかな?
いや、きっと食べてるんだよね、ちょっとは・・・。
体重チェックしながら、看病、がんばります。

2月17日
体重はマヒから4g減りました。今日もお昼に学校を外出して、お薬と栄養剤をあげに帰宅。
昨日より動きません。撒いてあるご飯も、粟穂も食べません。
電話で獣医さんと相談。ご飯を口元へ持っていってどうにか食べてもらってって・・・
それで食べてくれれば、電話はしません。
兼ねてから、うっかりご飯たべてるときにでん六の側を通るものなら、速効奥に逃げてしまう子です。
私の手から、食べてくれません。今日はついでん六を手に包みながら泣いてしまいました。しっかりしなければ。強制給餌を教える事はできるが、預かる(入院等)のは出来ないと言うので、明日、教わってこようかと思います。詰まらせてしまわないだろうか・・。

ちょっとずつだけど、がんばっているよ2月18日
今朝は早朝に出発して、他県の鳥専門病院へいこう!と用意してました。
でも・・・ちょとづつですが、でん六の足が立ってきてるのと、
なんと今朝は毛繕いをしたんです!!しかも、ちょっと粟穂を食べてる!
そして、さっき、2回目の粟穂の食事をしていました!
嬉しくて、写真をUPしよう!と鼻息荒く今書いてます。
実は、良くないかな~って思ったんですが、大好きなバナナのスジを上げたんです。
そしてら凄い勢いで食べたんです。「これは・・・?」と思いました。
おお・・・美味しいなので、無駄に体力を奪うのは止めて、お家で強烈に温かくして様子を見ます。
目をつぶって腹ばいになってる時間が長いですが、思い立ったように立って粟穂を食べ始まったでん六。
今日、1日、1回でも多く食べてくれることを祈って・・・。
写真はスフィンクス状態のでん六と、さっき粟穂食べた時の写真です。

午前中、やっぱり腹ばいになってうずくまってしまったので、掛かり付けの病院で強制給餌を教わりに向かう。
が、院長先生が学会で不在。フォーミュラを頂く。
初めて、フォーミュラ。お湯で溶かすのね。もらった注射器で口元へ垂らす。嫌々する。
でも垂らす、2回垂らす。心配は尽きない。
・・・・夕方、やっぱり鳥専門病院へ行こう!と電話するも・・・
こちらも今日も明日も院長先生不在。
じたばたしないで、でん六の生命力を信じろ!という神からのお告げなのか。

今朝のでん六、暴れます1月19日
今日は10㌔のレースの日でしたが、もちろん棄権。
今朝は昨日より動き回ってます。朝にうんPを2つ・・・ちょっとですが、夜食べてるのかも。
しかも、鳴いてます!
さっきまで、プラケースから出よう出ようと暴れてます。
元気になってる、確実に。でも、こんなんで体力消耗して後でぐったりなんてならないで~
まだまだ安心できませんが、確実に回復に向かってると思います。
引きずりで出来た関節の腫れはきになるけど、まずは良し。
21 : 45 : 01 | でん六 | コメント(33) | page top↑
でんちゃんお誕生日
2011 / 12 / 06 ( Tue )
たまごから ぴいぴい鳴いて 飛び出した
   
今日はめでたい でん六記念日


かっこいいでしょ、ぼく♪でん六の5回目の誕生日です。
あっと言う間に5歳なんて、早いです。

今年の東日本大震災は茨城にすんでる私にも大きな出来事でした。
ひっちゃかめっちゃかになって、割れ物が散乱してた部屋の中、
ステンレスのゲージの重みが功を奏して、倒れなかったインコズラック。
暗闇の中、細く小さくたたずんでいたでん六と力丸。

その影響だと今でも思ってる4月1日のでん六の両足マヒ。
あの時の大量出血の場面は、今でも頭に焼き付いてます。
真っ赤な血の海の上の真っ青なでん六の羽の色。
本当にあの時は”死”を覚悟しました。

我が家に来た頃だよ~今、こうして、元気に(いや、元気が余るくらい)
止まり木の先っちょ子ちゃんを愛するのに忙しい生活を送ってられて、本当によかった。
インコの神様とでん六の生命力に感謝してます。

また1年、楽しく暮らそうね!

2枚目の写真は我が家に来た頃のです♪かわいいね。
00 : 05 : 38 | でん六 | コメント(6) | page top↑
| ホーム | 次ページ