ゲージを出たこむぎ
2017 / 07 / 15 ( Sat )


はい、出て下さい!
出ました!
お迎えして初めて、こむぎが自分からゲージの外に出ました!
ほらほら
まぁ・・・・すぐ戻ってしまいましたが・・・。

でも、これは記念すべき一瞬でしょう!
同じ写真のようですが、私にとっては一つ一つ違う貴重な写真です。
動きも少ないし、指にも乗ることもないけど、
あとちょっと!!
かわいいのよ。
お顔もかわいいけど、なんとなく健気で強い大和撫子を思わせる

こむちゃん、かわいいのよ。そんな女の子なんです。

やった~~!!
スポンサーサイト
20 : 37 : 05 | こむぎ | コメント(6) | page top↑
気がつけば
2017 / 07 / 02 ( Sun )

気がつけば、こむぎは6歳を迎えてました。
多分、5月生まれ。
7月でお迎えして5年。

今日はやたらアクティブでした。
といっても、こむぎにとってのアクティブってことですが・・。

40秒過ぎくらいで、貴重なこむぎの上下首振りがあります。
こむぎも首を振るんだな~と
今年になって知りました。



おまけ。
ごん平の出入りの為にゲージの天井を開けて交流タイム。
今日、初めてこむぎがそこから体を乗り出しましたよ!
どこを全開にしてても、全く外に出ようともしなかった
(かえって怖がっていた)のに。嬉しいぞ。
きゃ~~
その写真は撮れなかったので、出るそぶりの写真です。
ああ、かわいい♪
15 : 09 : 41 | こむぎ | コメント(4) | page top↑
動きますよ
2017 / 06 / 24 ( Sat )

全く私の前ではアクティブな姿を見せないこむぎ。

でも、ちょと暑い日。
帰宅すると、青梗菜が固い茎まで木っ端微塵になり、
ゲージにとっりらかした残骸があるときも。
そうとう青菜と格闘したらしい、そういう姿もあるらしい。

でも、残念ながら、私の前ではそういう姿をひた隠すこむぎ。

今日は青菜で遊ぼう
私の前で見せる、最高レベルの動きを写真で撮りました。
もちろん、私のン年前の古いデジカメの
最高にズームで隣の部屋から撮りました。
こむぎが少しでも活動的に動いてると、
呼んだ?
私はとっても嬉しいのです。

ご飯、うまうま

は~~ちかれた

21 : 09 : 12 | こむぎ | コメント(2) | page top↑
4回目の春
2017 / 04 / 02 ( Sun )

桜・・・・・まだ2分咲き??
川沿いもまだピンクになっていない。
ここに引っ越してきて5年目に突入。
私は1週間ずっとPC業務が続き、眼精疲労が酷い。

なんか欲しいのよ
この冬は、こむぎが換羽の時、ずっと膨らんでいたので、
いつもよりもヒーターの温度設定を上げていたからか、
こむぎのろう膜の変化の回数も多く、食欲もすごい。
いつもは必要な分だけ食べて残すのに、ずっと完食。
しかもおねだりもすごい。

指、好き!
週末、ごん平をこむぎのゲージに入れてると、
時々、こむぎが首を上下に揺らしてテンションUPが見られる。
珍しい!
ごん平はタジタジだけど。

こむぎはウェイトオーバーで37g。
ちょっと、むっちり。
こむぎはもうすぐ6歳になる。

おちり
記事はこむぎなのに、写真はごん平だ^^;

PS・ここの所、2羽の騒ぎ鳴きが気にならなくなってきた。
  減ってきたのか、はたまた、私が発する何かが少なくなってきたからか・・・


20 : 10 : 54 | こむぎ | コメント(6) | page top↑
一安心
2017 / 01 / 09 ( Mon )

今年のお正月な長々とお休みをとったので、結構ぐうたら。
いつものように外食ばっかりで、エンゲル係数が半端ない。

さて!
青と茶のツートンよ
こむぎの膨らみは、羽抜け直後から始まったのですが、やっとこBIOを購入。
おまちどおさま、と与える日から、なんと膨らみが収まってきました。
でも、せっかくなのでと今日まで少量を振りかけてます。
多分だけど、ゴマ塩までくる間の、新しい筆が出るときにしんどかったみたいです。
ついでにろう膜が急速に青くなったので、ホルモンの変化も平行してただろうし。
はうううう~
今は開き始めるフケフケ状態で、いつものほっそりこむぎになってます。
次いで、ごん平が抜け始まったので、BIOが無駄にはなってません。


こむぎが落ち着いたので、久しぶりにごん平をこむぎのゲージに向かわせました。
ごん平、とても嬉しそうでした^^
ごん平は再び1g、また1gと体重がじわじわ増えてきてるので要注意です。
今からハッスルするの!


さ~~午後はインコズの前で漫画(動物のお医者さん、面白い)でも読んでウトウトでもします♪


14 : 19 : 17 | こむぎ | コメント(4) | page top↑
| ホーム | 次ページ