1年の結び
2008 / 12 / 31 ( Wed )
今日で2008年が終わります。
今日はインコズを指に止まらせながら、「1年、ありがとう、来年もよろしくね」と感謝をこめて挨拶をした。
本当にありがとうね。
これはたまらない!でんちゃん、かわいいぞ!
君たちがいる生活は、本当に心がホクホクになって幸せを感じる。

今年のベストな写真を選んだよ。
でんちゃんはまずこれ!!
指にまさに乗ろうとしてる所。
私を怖がるでんちゃんだけど、力丸がいればこんな風に近づいてくる。
きれいとお喋りしてる所。力丸の目は優しいね力丸は、これ。
きれいの写真にお話してる所。
いつもの力丸の優しい目だね。
でん六のツンツンの羽を丁寧にほぐしてあげる時も優しい目になる。
自分のお顔の方が、すごいツンツンでかゆいだろうに・・。
いい子だね。

でん六のオング写真(よく見ると・・・力丸が・・)そして、でん六のオング写真!
初めてフレームに収まったからうれしい。
でもね、よく見ると、でん六の足・・・力丸を踏んでない?
力丸と私がイチャイチャしてるとやってくる。
どっちに嫉妬してるのかな~?
でん六はよく部屋を飛び回る元気な子だね。

おチリ、なんてかわいいアングルでしょう!力丸のおチリ。
足がグーでかわいい。
時々力丸がチクチク羽繕ってる時に、ぼわわわってしてるお腹の羽に鼻を埋める。
暖かくっていい気持ち。
でも、すぐに嫌がられてつつかれる!もうっ。

来年も、元気でいてね。




みなさま、今年も遊びに来て下さってありがとうございました。
来年もふわふわインコズをどうぞよろしくお願いします。

スポンサーサイト
12 : 13 : 33 | インコズ | コメント(14) | page top↑
2周忌
2008 / 12 / 24 ( Wed )
見上げた時の表情、最高にかわいいきれい、元気?
きれいが虹の橋に旅立ってから2年が経ったんだね。
クリスマスイヴの未明に病院で・・・。忘れやしないよ。

あれから、やむを得ずお家を空けた日以外は毎日、きれいのお骨が入ってる入れ物を撫でて「おはよう、きれい」っていうのが日課です。
何回撫でたんだろう。何回も撫でちゃう日もあったから、もう800回くらい撫でたかな!
撫で放題だよ。初めて(むりやり・・)指に止まった、まだ来たばっかりのきれい撫でると、優しい気分になる。幸せな時だよ。そっちには沢山お友達いるでしょ?
きっと毎日遊んでるんだろうね。想像できる。
そこにいるお友達がそこに行くにね、それまで一緒に暮らしていた人達は手足がちぎれちゃうくらい辛く切なくかなしい思いをするんだ。私もそうだった。
だからね、そこに無地たどりついて、楽しく幸せに飛び回ってるんだって事だけで、安心するの。
「ああ、そうだよね」って、受け入れて安心するの。

何グラム?私もそう。

そして、ふと、そばを横切った外の小鳥の小さな風を肌に感じる時、きれいを思い出す。
朝一で、窓の正面の木の鳥のさえずりを聴けば、きれいが呼んでる鳴き声が日常だった日々を思い出す。

きれい。

今、私にできることは、力丸とでん六が楽しい毎日を送れるようにすること。
そして、きれいの教えを忘れないこと。

きれい。
今もずっと大好きだ。
06 : 22 : 40 | きれいへの手紙 | page top↑
2歳、おめでとう!
2008 / 12 / 06 ( Sat )
おうちに来た頃、幼い雛顔もかわいいよ今日はでん六の2歳の誕生日です。
でん六、おめでとう♪

でん六はお家へやってきた時、全然動かなくって、私は本気で目が見えないんだとハラハラしたんだよ。
今では、もう一番やんちゃで、一番元気だよ。
もっちりしてる時、食べたくなっちゃう病気もせずに、食欲も旺盛で、うんPもずっとコロンっていい形で。
そんなでん六が一昨日、うんPが出なくなっちゃった。すごく心配した。
帰ってきても、やっぱり白いのしか出てなくって、こんな元気のないでん六見たの初めてかも。
嫌がるでん六をつかんで、お尻をさすって、濡れティッシュで拭いたら、うんPが出て安心した。
なんだったんだろうね・・。怖かったね。
がっしりといい体♪

力丸を突いて落としちゃう、強いでんちゃん。
猛烈な勢いでごはんを食べるでんちゃん。
カオリが近づくと逃げるでんちゃん。
そのくせ、放鳥中に窓の外に黒い影が走ると、カオリの肩に助けを求めるでんちゃん。
カオリと「ぷ~~ぴっ」って会話できるでんちゃん。
これからも元気で楽しく暮らそうね!
そして、かわいい仕草でカオリを癒してくれていつもありがとう。

さっき、でんちゃんがほっぺに近づいてきてので、心臓バクバクで喜んでいたら・・
口元の吹き出物の”ぽっち”をねじられた!!!
痛いよう~~。
でも嬉しいっ♪
10 : 02 : 53 | でん六 | コメント(18) | page top↑
| ホーム |