でん六空へ
2012 / 06 / 22 ( Fri )
19日に帰宅すると、6回目の両足マヒを起こしてたでん六。
過去の何回も、1~2日で足が立つようになって、そうするとご飯を食べるようになってた。
だから、今回もそうだと思っていた。
20日もまだ腹ばい状態だった。しかも嘔吐してしまった。
フォーミュラとか栄養剤とか、無理やり口に流し込んだ。なかなか受け付けない。
でも大丈夫。いつものように明日あたりきっと。
21日の朝、呼吸がちょっと荒かった。そろそろ足に力が入ってくる頃なのに・・。
とにかくいつもはジタバタと動き回ってるにの、全く動かない。不安がよぎる。

がんばったね、でん朝、出勤までに何度も嫌がって威嚇するでん六を手の中に納め、とにかく栄養になるものをスポイトで口に垂らした。でも、入っても数滴が精いっぱいだった。
威嚇する声は消え入りそうに弱い。
とにかくもう行かなくちゃ。お昼に外出取って、また何か口に入れてあげよう。1滴でもいい。
その頃にはきっと足に力が戻っているに違いない。
がんばって、でん六。

お昼すぎに銀行に行くとうそをついて外出を取って家に着く。
プラケースの、力丸寄りの手前の隅にずっと動かないでいたでん六がいない。
ちょっと後ろに移動して、向こうに頭を向けてこちらに尾羽を向けている。

すぐ、でん六は死んでしまっているって分かった。
だって、頭がぐったりと垂れていたから。

大好きだよ、でん手に取ったでん六は、温かかった。だから一瞬死んでるのが嘘かと思った。
でも、目はつぶられていて、それは嘘でなかった。
ちょっと前までは確実に生きていた温かみだった。

お腹が空っぽのまま、逝かせてしまった。

ごめんとしか叫べなかった。
だって、それしか思い浮かばなかったから。
だって、またいつのもように、すぐに立ってもりもりご飯食べて、おしゃべりするものだと思ってたから。






きれいがお空へ行ってしまって、力丸が長い時間一人でお留守番してるのが辛いだろうという事で
でん六はお家へやってきた。
私になつかず、手を怖がって、近づくと逃げる事が多かった。
だから、どうしても甘えてくる力丸と同じようにしてあげられなかった。
私は同じ愛情をでん六に注いであげられたのだろうか。
かきかきの回数も、褒めてあげる回数も、力丸より圧倒的に少なかった。

ありがとう、でんただもくもくと、止まり木の先に愛をささやいてるでん六。
その横でカキカキされてる力丸。

でん六はそれでも幸せだったのだろうか。

私は何もしてあげられなかったって強く感じてる。

でも、でん六からすれば、力丸兄ちゃんの隣でお話したり、大好きな止まり木に愛をささやいたり。
私にどうこう可愛がられるより、そういう事が楽しかったのかもしれない。
そういう日常が、満足だったかもしれない。

本当はどうだったのかな、でん六。


ただ絶対に、最後は力丸が隣にいてくれたから、さびしくなかったよね。


ちいさかった君去年の東日本大震災の後の1回目の両足マヒから6回もの麻痺を繰り返した。
奇跡的な復活も含めて、君はすべて乗り越えて。
すごいね、強いよ。
最後も、私は乗り越えたと思ってる。
乗り越えて、それで全てを終わりにしたように。

また君からも、いろんな事を私は教わった。宝にする。
5年と6カ月、私のもとにいてくれて、本当にありがとう。


スポンサーサイト
22 : 43 : 31 | でん六 | コメント(10) | page top↑
でんちゃん
2012 / 06 / 21 ( Thu )
今日、でん六が、お空へ行ってしまいました。

何もできませんでした。
なんにもしてあげられませんでした。

ありがとう でん六

何度も乗り越えた強い子でした。
21 : 14 : 28 | でん六 | page top↑
| ホーム |