それから
2012 / 10 / 27 ( Sat )
力丸が虹の橋へいってから、すぐに強い喪失感に襲われた。
本当にいないんだ、と。
これは哀しみよりも、重い感情だった。
優しい力丸、ありがとう
でも、しばらくすると、だんだん穏やかな気持ちが大きくなった。
もちろん、生活の中で力丸を思わせる時とか、静かな夜とか、涙が出る時もある。

あの日、夕方出かける前に、ぱっちりお目目を不思議に思った。
いつもは目をつぶったり、背寝してるのに、じっとこっちを見ていた。
だから私は「な~~に?どうしたのよ」って笑っていた。
それでも見てるから、変なの~~!ってしばらくにこにこ見ていた。
「じゃぁいってくるね、すぐ帰ってくるからね」と後にし。


帰ってきた時。
手に取った力丸は羽ばたき続けて、何度も両手からこぼれそうになった。
なぜか顔が本当に楽しそうだったから、遊んでいるように見えて
「な~に、どうしたのよ(笑)」って、明らかに危機的な状況なのに、私は笑った。
「虹の橋は暖かいし、みんないるよ」でも、すぐに怖くなって、掛かり付けの獣医さんに電話してアドバイスをもらおうとした。
折り返しの電話を待ってる間に、力丸は旅立った。
旅立ってすぐ、折り返しの電話がきて、私は電話口で号泣した。
履歴が残っていたので、力丸の旅立ちの時間を日記に書いた。


今でも
手からこぼれそうになって”うなぎ掴みゲーム”みたいになってるときの、
力丸の柔らかく温かいお腹とか、すべすべな羽の感触が鮮やかによみがえって
その度に温かい気持ちになる。

あの顔も忘れられない。
とてもいい顔だったから、もしかしたらもう虹の橋へ飛んでいたのかもしれない。
飛んでいるのに、私の顔が近くにあるから「なんでいるの~?」ってキョトンと何度も見上げてる。
そういう表情だったのが強烈に残ってる。

ママの指に一体幾度乗ったんだろう♪そういう不思議な時間で見送れた事と、


そしてもう一つ。
きれいが亡くなった時は、白い箱に入ったきれいを抱え、病院の駐車場で号泣した。
初めて過呼吸になった。深い悲しみ。
でも、力丸を指に乗せ、色んなお話したりする日々で乗り越えられた。
でん六が亡くなった時は、隣で力丸が送ってくれた。
力丸と一緒に2羽を送り、共に哀しみを乗り越えてくれたから
そういうかけがえのないパートナーである力丸の最期を責任もって私が見守れた。
そういう、安堵感。
力丸へのお礼。

そういう理由で、いつものように泣き暮れず、比較的穏やかな日々を送れてるのかな。


狭いから、遺骨入れの小さな木箱を3つ買った。移してあげるね。今日はいつもトレーニングする山に行き、自然の中を走った。
殆ど人がいないその山で、走りながらずっと力丸に話していた。
感謝と、お礼を。
楽しかったよ、本当にありがとうって。
何度も何度も名前を呼んで。

頭に力丸が楽しそうに乗っているような気分で。



一緒にあびよう!ちょっと、迷いましたが・・・載せます。

その夜は雨降りだったけど、翌朝、とってもいい天気で朝日がまぶしくて。
だから迷うことなく、最期の朝日浴をさせてあげました。
力丸も朝日も綺麗でした。
スポンサーサイト
15 : 39 : 38 | 力丸 | コメント(12) | page top↑
<<インコうた1 | ホーム | 旅立ち>>
コメント
--リキちゃん--

カオリさん、お久しぶりです。

でも、ちょこちょこお邪魔はしていました。

リキちゃん、旅立ったのですね。
ちょっとさみしいですが、カオリさんとリキちゃんが最期の時間を一緒に過ごす事ができて良かったです。

優しいリキちゃん、
私もまたいつか会えたらなぁと思います。
by: ビオラ * 2012/10/27 18:27 * URL [ 編集] | page top↑
--太陽の光の中で。--

向こうを向いている力丸くんの穏やかな顔が見えるような気がして涙が滲みました。
いい、お写真だと思います。

すべすべの羽の感触は忘れられませんね。


by: めぐこ * 2012/10/27 19:59 * URL [ 編集] | page top↑
--大切な時間--

旅立ちを前にした力丸くんの、カオリさんに対する思いが、ひたひたと伝わって来る様です。そんな静かで大切な時間でしたね。

>今日はいつもトレーニングする山に行き、自然の中を走った。
即座に、颯爽と駆け抜けるカオリさんの肩(頭!?)に、楽しそうに乗っかっている力丸くんのイメージが浮かびました。カオリさんの声はちゃんと届いている筈です。

よい時間をお過ごしになりましたね(^^)
by: ぴぃ * 2012/10/27 21:15 * URL [ 編集] | page top↑
--ビオラさん--

力丸とは一番長い時間を過ごしてきたので、また違った思いがあります。
力丸は優しい子だから、自分がいなくなった後、私が泣き暮れないよう、そういうお別れをしてくれたんじゃないかな・・とも思います。

不思議で、感動的な別れでした。
一生忘れやしません。

我が家のインコズを応援してくれて、ありがとうございます。
いつか、遠い未来に、みんなできっと会えますね^^
by: カオリ * 2012/10/27 22:06 * URL [ 編集] | page top↑
--めぐこさん--

プラケースに入る前まで、晴れた日の朝は日光浴をちょっとですがしていました。
この日は雨上がりの清んだ空気の中でした。

力丸、暖かいね~って・・。

いつも優しく私たちの頬をなでてくれた、すべすべな羽毛。
温もりとか、匂いとか、感触とか。
記憶という形で一生残る宝物ですね。

写真、UPしてよかったです。
by: カオリ * 2012/10/27 22:10 * URL [ 編集] | page top↑
--ぴぃさん--

思い返す度に、力丸からのメッセージが正しく受け取れていきました。
忘れられない宝物を沢山くれて、来てくれてありがとう!って心の底から思いました。

そうですよ~^^颯爽と駆け抜けました!力丸を頭に乗せて(笑)
人がいなくて良かったです。誰かいたら、ぶつぶつ言ってる変な人って思われたに違いありません。

また、力丸を乗せて走りに行きます。

お力添え、本当にありがとうございました。
by: カオリ * 2012/10/27 22:21 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2012/10/27 22:31 * [ 編集] | page top↑
--Kさん--

もちろん、覚えていますよ!
コメント、ありがとうございます、嬉しいです。

力丸は年末に大きく体調を崩し(思えばあの時は腫瘍が本格的に活動する合図だったのかもしれません)、それから10カ月、本当によくがんばりました。
たくさん、たくさん褒めてあげました。

今頃、Kさんの黄色いおりこうさんと、遊んでいるかもしれません!

しーちゃんは元気ですか?
by: カオリ * 2012/10/28 06:54 * URL [ 編集] | page top↑
----

とてもきれいな写真・・・。
旅立ちにふさわしい朝だったんですね。

>>手からこぼれそうになって”うなぎ掴みゲーム”
ふじちゃんを見送るときがこんな感じでした。

ふじちゃんもママ鳥ちゃんも、旅立つときに羽ばたいていて、
私は『苦しい思いをさせながら逝かせてしまった』って
ずっと思っていたんですが、実はそうじゃなかったんですね。
かなり気持ちが軽くなりました。ありがとうございます。

りきちゃん、朝日に溶けてしまいそう。
by: がっちゃんママ * 2012/10/29 12:08 * URL [ 編集] | page top↑
--がっちゃんママさん--

清々しい朝でした。よかったね、力丸!って気持ちで撮りました。素敵な一枚になりました。光に吸い込まれていきそう。

ふじちゃんもママ鳥さんも最期は一生懸命お空へ飛ぼうとして力を振り絞っていたんだと思います。でも、もう体が言うこときかないから、バサバサ暴れるようになってしまって。
みんな健気で立派です。
by: カオリ * 2012/10/29 21:38 * URL [ 編集] | page top↑
--日差しの色--

最後の日光浴とてもきれいですね。あたたかな力丸くんの色だなあ。
一緒に悲しみを乗り越えたからこそ、力丸くんの選んだ最期のときだったかもしれませんね。
うなぎ掴みゲーム、わかります(笑)私も指に乗った時の重さとか足の温かさとか…思い出す度にほわっとした気持ちになります。あったかいものたくさん置いてってくれるんですよね。
by: によか * 2012/10/29 21:47 * URL [ 編集] | page top↑
--によかさん--

この写真,とても気に入っています。
力丸の優しい感じや温かい感じが表れています。
手に抱えど抱えど,羽ばたいてしまって,でも,もう足は動かなかったので,手の平には腹這いになってる力丸の感触だけあって・・。

そうなんです。帰ってきて,空のゲージを見るたびに悲しくなるのですが,すぐに力丸を思い出すと,心の中にほんわりと温かいものが灯りだすんです。
力丸が,残された私が寂しくならないようにしてるんじゃないのかなって思います。やさしい子だったので。

なると君ともう遊んでいると思います^^
by: カオリ * 2012/10/30 16:24 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |